1月14日(日) 左義長

 地域の伝統行事として、昔から続いている「左義長」が行われました。 準備作業は午後から行われ、青竹を4本組んだ中にワラや豆がらなど入れ燃えやすくしたものを造ります。
 午後七時から、地区の人々が集まり、一年間の無病息災、家内安全を祈念して、正月飾りや書初めで書いたものを持ち寄り燃やします。 この火で焼いた餅を食べると、一年間息災になるとも言われています。 
e0021668_17163462.jpg


 宿の枝椿の部屋からも、炎が燃え上がる様子が良く見えます。
e0021668_17175443.jpg

by makinooto | 2007-01-15 17:18 | 地域イベント
<< 1月15日(月) 朝のレストラン 1月13日(土) 雪が花のように >>