<   2006年 06月 ( 30 )   > この月の画像一覧

6月30日(金) 四葉のクローバ

 今日で6月も終わります。 こんなに雨の少ない梅雨・・・私の記憶にはありません。 夏の野菜たちをはじめ、農作物に影響がありそうな気がします。   ところで、庭のシロツメクサの中から見つけた「四葉」を、厚い本にはさんで、押し花にしてみました。 
 お客様へのメッセージに付けてみようかと思います。  ささやかな「しあわせ感」を運んでくれればいいですね。
e0021668_14243613.jpg

by makinooto | 2006-06-30 14:24

6月29日(木) 由布院 山荘「無量塔」

 宿の建築にあたり、ロビー、客室等の空間イメージのお手本となったのが、山荘「無量塔」です。  オーナーの藤林さんには、以前から由布院のまちづくりなどの関係でお話しする機会がありました。  今回、宿をはじめるにあたっても、いろいろ教えていただきました。 物静かな語り口、鋭い経営感覚、豊かな感性・・・憧れの人です。  由布院には、亀の井別荘、玉の湯、無量塔 本当に素晴らしい宿があります。 何度訪れても素晴らしい宿・・・由布院の奥の深さでしょう
 写真は無量塔のバーを外から眺めたものです

e0021668_17153444.jpg

 普通の家くらい大きい「無量塔」の離れの客室です。
e0021668_16345394.jpg

by makinooto | 2006-06-29 16:29

6月28日(水) 爽やかな風

 昨日から宿泊のお客様が帰られた部屋。  洗面所に置いてあったガラスコップに、さりげなく草花が活けてありました。 そういえば昨日、散歩帰りの帽子に麦や小さな花が入っていたような気がします。  とても若いカップルでしたが、薪の音の時間と空間を楽しんでいただき、自ら活けられたとは・・・とても嬉しい気持ちになりました。 素敵なカップルに幸せ多きことを祈ります。
e0021668_13275064.jpg

by makinooto | 2006-06-28 13:27

6月27日(火) お手本は「玉の湯」

 宿をはじめるにあたり、宿の周辺イメージのお手本が、由布院「玉の湯」でした。 もちろん、自然環境や歴史などに違いがありますので、そのままではありません。 どこにでもありそうな里山の畑、雑木林、農家、庭先・・・ 樹木、草花・・・ 「手入れされているのに、ありのままに感じる」という表現でしょうか。  これが、ゆったりとくつろいでいただける大切な要素だと思います。
 宿をはじめて一年。 お客様は「薪の音の空間」を、どう感じていらっしゃるのでしょう・・・
 
e0021668_13134438.jpg
e0021668_13145660.jpg

by makinooto | 2006-06-28 13:14

6月26日(月) 生きるもの

 梅雨に入ってから雨らしい雨が降りませんでしたが、今日は久しぶりの雨です。 午後からCAP(タウン情報とやま、TAKT、I-toyama.comなどを製作している)の取材がありました。
 客室、ロビー、料理などに加え、宿の裏にあります自家菜園のナス、胡瓜、トマト、レタスなども撮影。 雨の中でしたが、お疲れ様でした。
 梅雨の風情を感じさせるアマガエル。 
e0021668_12115055.jpg

 とんぼの姿も発見。
e0021668_12121894.jpg

by makinooto | 2006-06-27 12:12

6月25日(日) 風鈴の音

 過ごしやすい一日です。 枝椿の部屋のデッキにある風鈴が、涼しげな音を響かせています。 人工的に造られた音とは違う、あじわい深い心地よい音が心に染みて・・・
 高岡銅器の万葉風鈴ということで、大伴家持のうたが書いてあります。 
 「たまくしげ二上山に鳴く鳥の声の恋しき時は来にけり」 これは、越中守として在任時に詠まれた歌だそうです。
e0021668_12574329.jpg


 枝椿のデッキから見える紫陽花です。
e0021668_12575872.jpg

by makinooto | 2006-06-26 12:58

6月24日(土) 教えていただくこと

 日々、お客様に教えていただく事がたくさんあります。 今日のお客様からは、切った竹を長持ちさせる方法を教わりました。 七夕飾り用に用意した、長さ5Mほどの竹の葉が、水分不足で縮んできました。 これを長持ちさせるには、たくさんある節の所々に穴を開け、水を入れると長持ちするとのこと。 さすが、お茶の先生!! 
 その他、お店に関すること・・・料理、部屋の備品、サービスの小物・・・実際に体感されてのご意見は、ありがたいです。  いろいろ、感じたことを教えてください。 

 写真は、館内に飾る「草花」を製作している舞台裏です。
e0021668_11524538.jpg

by makinooto | 2006-06-25 11:52

6月23日(金) 稲が成長しています

 田植えをしてから約50日が経過し、稲が大きく育っています。 そろそろ有機質の肥料を与える時期が近くなりました。 「草木灰」という名前の肥料を、10aあたり20Kgを散布する計算なので・・・  動力散布機を背中に担ぎ、ぬかるむ水田の中を歩くのは、結構きつい仕事ですが、9月には、おいしいお米が収穫できます。   足腰の鍛錬だと思って頑張りましょう。
e0021668_1816970.jpg

特別栽培米の圃場に立っている表示です。
e0021668_18172791.jpg

by makinooto | 2006-06-23 18:17

6月22日(木) ようやく梅雨らしく

 ようやく梅雨らしいお天気です。 この時期の雨が、野菜や草花には必要なので、少しだけ安心です。 とは言っても、あまり一度に多く降ると、山や崖が崩れたりする心配もでます。 何事もほどほどが一番。
 今日のランチのお客様の一組は、お誕生日のご会食です。バースデーケーキを準備させていただき、乾杯とともにお席にお持ちしました。 ケーキはデザートの一品として召し上がっていただきます。  最近は、お誕生日、ご結納、還暦や傘寿のお祝いなどでお店をご利用いただくお客様が増えております。 ありがたいことです。
 用水路の淵に咲く紫陽花です。
e0021668_18543283.jpg

by makinooto | 2006-06-22 18:55

6月21日(水) バラの庭づくり

 10年計画くらいで、館の裏庭に「バラのゾーン」をつくろう・・・第一歩として、苗木を植えました。 このゾーンは果樹(さくらんぼ、びわ、イチジク、カリン・・)を植栽してあり、まめに防除をしますので、バラには適しているかと思います。 小さな木ですが、ちゃんと花をつけています。
e0021668_1802756.jpg


 館の周りにある畑は、2500㎡くらいの広さがあり、野菜ゾーン、シロツメクサの庭ゾーン、果樹ゾーン、ハーブゾーン、コスモスなどの花ゾーンとして活用していきます。
e0021668_1815820.jpg

by makinooto | 2006-06-22 18:02