<   2007年 03月 ( 32 )   > この月の画像一覧

3月30日(金) 水仙

 土手の水仙が花を咲かせています。 枝椿のお部屋から見えます田んぼの土手では、水仙が黄色の可憐な花を咲かせ、その周囲には土筆が顔を出しています。 いよいよ春本番が近づいているような・・・ 近くにあります早咲きの桜も、満開が近いように見えます。 富山市では、桜の開花宣言もあったそうです。 明日から、向野桜の情報を、ブログで紹介したいと思いますので、お楽しみに!
e0021668_13244289.jpg
e0021668_13245245.jpg

by makinooto | 2007-03-31 13:25 | 四季

3月29日(木) 予約の方法

 ご宿泊の予約をホームページからもできるように準備をしております。 これまでは、基本的には「お電話」及び「メール」でのご予約をお願いしておりました。(一部、楽天トラベルから予約可能な部屋もあります) これは、お客様との事前のコミュニケーションにより、旅行の目的や記念日、食事のことなどをお聞かせいただき、快適にお過ごしいただくための準備などができれば良いと考えてのことでした。 しかし、直接予約できたらいいのに・・・というお客様のご要望が多くあり、ホームページから直接予約いただく方法でも、事前のコミュニケーションを可能にできるよう工夫して対応したいと思います。 
 私もホテル、旅館を利用しますが、施設の空気や、対応してくれたスタッフの雰囲気で、いろんな要望、相談を気軽に話せたり、逆に、遠慮して言わなかったり・・・ 心地よく滞在いただくためには、お客様とのコミュニケーションがなにより大切なことだと思います。 
e0021668_11475472.jpg

by makinooto | 2007-03-31 11:48 | 宿

3月28日(水) 春休み

 日頃の水曜日、木曜日はご宿泊のお客様が少ないのですが、今週は今日、明日と合わせて18名のお客様にご宿泊いただきます。 今日は、幼稚園の職場の皆様で、明日はご家族連れです。 やはり、春休みということでの賑わい・・・ありがとうございます。 明日のお客様の一組は、私の中学校の同級生・・・ ご両親が城端にいらっしゃいますので、帰郷の折にご利用いただいております。 一昨年の8月以来の再会なので・・・楽しみです。
e0021668_19222938.jpg

by makinooto | 2007-03-29 19:22 | 宿

3月27日(火) 満開の梅

 宿の敷地内の梅が満開になりました。 昨日から、木々の雪吊をはずす作業を進めていますが、縛ってあります縄をほどいてやると、それぞれに芽吹きが感じられます。 きれいな花を咲かせている椿もあり、春を待ちわびていたかの様です。 近所では早咲きの桜も咲き始め、冬には見かけなかった小鳥たちの姿も見えます。 
e0021668_17591492.jpg
e0021668_17592694.jpg

by makinooto | 2007-03-28 17:59 | 四季

3月26日(月) 新芽

 時間の経過とともに、昨日の能登沖地震の被害状況がわかってきます。 亡くなられた方、怪我をされた方々、住宅が倒壊した方々、避難されている方々・・・心よりお見舞い申し上げます。
 私たちの地域は、お蔭様で被害も無く、感謝の気持ちでいっぱいです。 ただ、少し気になるのは、何事も無かったかのように日常の生活に戻っていること・・・このような大災害を教訓として、対策や準備など「やらなければならないこと」がたくさんあるはずです。 個人でできること、集落などの単位でできること、行政区域でできること。 それぞれに出来ることをはじめなくてはいけません。 どんなに大きな地震があっても、雪が多くても、少なくても、木々の新芽は膨らみ、春を感じる・・・自然の営みの偉大さですね。
e0021668_14154591.jpg
e0021668_14161811.jpg

by makinooto | 2007-03-27 14:16 | 四季

3月25日(日) 能登沖地震が発生

 今朝、大きな地震が北陸地域で発生しました。 震源地は能登沖とのこと。 宿ではご宿泊のお客様が朝食後のコーヒーをお楽しみの時間でした。 おかげさまで、お客様も、宿の施設も無事で一安心です。 
 地震直後は、携帯電話が通じず、一般電話もつながりにくい状態でしたので、東京からのお客様のお帰りの便(小松空港発)、高速道路の状況などの確認ができませんでした。 時間が経つにつれ、震源地に近い輪島市、珠洲市などの被害状況もわかり、大きな地震災害であったことを知りました。 日頃から、地震が少ない地域と楽観していたことも事実です。  今回の地震を教訓に、地域全体で万全な体制を検討し、構築することが必要です。
 たくさんの皆様から「だいじょうぶですか」のお電話やメールを頂戴しました。 ありがとうございました。
e0021668_1853364.jpg

by makinooto | 2007-03-25 18:05 | 宿

3月24日(土) 桜の小京都城端を楽しむ

 「桜の小京都城端を楽しむ」3つの企画があります。 城端観光協会さんが企画された3コースには、それぞれ町内の桜の見所や「むぎや踊り鑑賞」、「曳山庵唄演奏鑑賞」、城端別院の特別拝観などが組まれ、桜と小京都の風情をたっぷりお楽しみいただけるものです。
 桜の見所・・・城端別院しだれ桜(樹齢350年)
       ・・・向野桜(江戸彼岸桜の古木と残雪の袴腰とのコントラストが美しい)

 詳しい情報は、南砺市城端観光協会(0763-62-1821)までお問い合わせください。
e0021668_13221358.jpg

by makinooto | 2007-03-25 13:22 | 地域イベント

3月23日(金) 冬から春へ

 明日からは、お天気が荒れるという予報がでています。 今日の里山は、太陽の日差しが柔らかく心地よい一日です。 天気の良い日は、木々の雪吊をはずしたり、雪や風で落ちた枝や葉っぱの片付けなど、冬から春へ季節の変化に伴う仕事があります。 
e0021668_209446.jpg

by makinooto | 2007-03-24 20:09 | 四季

3月22日(木) 詩吟の響き

 お祝い事にあわせてご宿泊されるお客様が増えています。 還暦、喜寿、ご結婚、ご結納などありますが、先日のお客様はご両家での会食を兼ねたご宿泊でした。 朝食の後、ロビーでお父様による詩吟「祝そん(結納祝)」、「宝船」の披露がありました。 ロビーに響き渡る祝いの詩吟・・・ご両家の皆様の幸せそうな表情を見て、私も幸せな気分になることができました。
e0021668_1831912.jpg

by makinooto | 2007-03-23 18:04 | 宿

3月21日(水) 向野橋に思う

 私たちの住む野口地区では、山田川を隔てた向こう側を「向野・・・むかいの」と呼び、昔から畑作物や果樹などを栽培しています。 向野に行くには、山田川にかかる「向野橋」を渡りますが、今の立派な橋の下には、30年くらい前まで使用していた古い小さな橋が今も残っています。 昔の橋には、子供の頃の思い出がたくさん詰まっています。 私たちの小さな頃は、まだまだ「もの不足の時代」でしたので、お菓子なども十分にありません・・・悪ガキでしたので、お腹が空くと、勝手に畑のスイカや柿、梨などを頂戴し、橋の上で賞味・・・皮や種などは川の中へ・・・。 また、川に泳ぐ「うぐい、鯉」を、橋の上から釣って、食べたり・・・。 橋から川に飛び込んで、泳いだり、魚を捕まえたり・・・。 今の子供たちは、川で泳ぐことも、一人で川に近づくこともできないことになっているとか。  子供たちが、子供らしい時間を過ごせること・・・そんなことが里山では可能な気がします。 
e0021668_17105114.jpg

by makinooto | 2007-03-21 17:11 | 自分のこと