<   2009年 04月 ( 30 )   > この月の画像一覧

 4月30日(木) いよいよ連休本番

 いよいよゴールデンワークも本番に。 連休の期間はお天気もまずまずのようで、一安心です。
 特に、5月4日、5日は城端曳山まつりが開催されますので、なんとか晴れてくれればと願うばかりです。

 今日から6日までの1週間は、レストラン・宿泊ともほぼ満室。 あわせて33組、100名余りのお客様をお迎えします。  
 春の花が咲き乱れ、小鳥の囀りも聞こえ、爽やかな皐月の風が心地良い里山・・・心と身体のリフレッシュをはかっていただければ幸いです。

e0021668_18265493.jpg


e0021668_18261790.jpg
 

e0021668_18263510.jpg



*** ありすぎる日常を離れて、何もない里山のひとときへ*** 里山の宿 薪の音   
by makinooto | 2009-04-30 18:27

 4月29日(水) ゆっくりとした時間

 連休の前半と後半の谷間を利用し、つかのまの休息を。
 久しぶりに、金沢市長坂にあります「エヴァンタイユ」でディナーを楽しませていただきました。
 薪の音で開業から2年半、支配人兼料理長を勤めていただいた「扇能桂一」シェフと久しぶりに再会。
 元気でご活躍の様子を見て一安心しました。

 今日からの新メニュー「 春の旬菜、おすすめコース 」をシャンパン&ワインとともに、ゆったりとした個室でいただくことができました。

 前菜の アスパラガスと飯蛸のライム風味
e0021668_18131299.jpg



 デザート ホワイトチョコのムースと木苺のソルベ
e0021668_18132840.jpg


*** ありすぎる日常を離れて、何もない里山のひとときへ*** 里山の宿 薪の音   
by makinooto | 2009-04-30 18:13

 4月28日(火) 城端 曳山まつり

 城端曳山まつりが近づいてきました。  この祭りは、290年余りの伝統を誇る絢爛豪華で優雅な祭りです。

 5月5日の朝・・・精緻な彫りと塗りが施され、御神像を乗せた6台の山車が、小京都と呼ばれる小さな町中を練り歩きます。  
 京都祇園の一力茶屋などを模した精巧な「庵屋台」がそれぞれの山車を先導し、その中では、笛、三味線の音色にのせて 江戸端唄の流れをくむ城端独特の「庵唄」が唄われます。

 今年の当番町は出丸町。 「薪の音」では出丸町内の芳里さん宅で庵唄所望をお願いしてあり、ご宿泊のお客様には、お座敷で庵唄を楽しんでいただけそうです。


e0021668_10313224.jpg


 田んぼ道を散策すると出会える風景・・・

e0021668_10335547.jpg


e0021668_10342114.jpg




*** ありすぎる日常を離れて、何もない里山のひとときへ*** 里山の宿 薪の音   
by makinooto | 2009-04-29 10:34

 4月27日(月) 自然の香水

  連休中は、普段は少ない「前日予約」「当日予約」が増えます。 今日も午後3時頃に電話予約があり、四花菱のお部屋に宿泊いただきました。

 2~3日前から始めた「らくだ倶楽部」という宿泊予約サイトをご覧になり、当館をチェックされていたとのこと。
 

 ようやくお天気も回復。 朝から爽やかな春の一日になりました。
 レストランの前にあるライラックが芳しい香りを・・・大きなミツバチも花と戯れています。 


e0021668_145725100.jpg


e0021668_14574321.jpg


*** ありすぎる日常を離れて、何もない里山のひとときへ*** 里山の宿 薪の音   
by makinooto | 2009-04-28 14:56

 4月26日(日) 冷たい雨

 今日も一日冷たい雨と強い風。 連休のスタートはあいにくのお天気です。
 東京からのお客様も冷たい雨と寒さに、宿に着くなり「暖」を・・・暖かい部屋とお茶で身体を温めていただきました。 

 明日は金沢観光とのこと・・・雨があがり、爽やかな緑の季節にふさわしい一日になればいいのですが。

 きっかけは、サライの特集「下重暁子さんが旅する小京都城端」をご覧いただいてとのこと。 3年前くらいの特集でしたが、今でもときどきご来館いただけるお客様があります。

 画面での情報が主流になりつつありますが、本の活字はいつまでも残っているので、映像とは違う役割があるような気がします。

e0021668_1425558.jpg


e0021668_14254859.jpg


*** ありすぎる日常を離れて、何もない里山のひとときへ*** 里山の宿 薪の音   
by makinooto | 2009-04-27 15:11

 4月25日(土) 肌寒い一日

 今日は肌寒い一日。 昨夜、ご宿泊のお客様は、となみチューリップフェアに行かれるます。 小雨ということで、案外混雑もないかもしれません。 

 午後から東京からのお客様を城端駅までお迎えに。 チューリップフェアの会場が寒く、予定より早めにご到着です。
 
 外の気温は10℃そこそこ・・・夕方には久しぶりにロビーの薪ストーブに火を入れました。 寒い日、暑い日ありますが、草花は元気に花を咲かせ、木々の緑も濃くなります。
 
e0021668_20352112.jpg
 


e0021668_9171570.jpg


*** ありすぎる日常を離れて、何もない里山のひとときへ*** 里山の宿 薪の音   
by makinooto | 2009-04-25 20:35

 4月24日(金) 高所恐怖症・・・

 昔・・・若いときはそうでもなかったのですが、どうも年とともに高いところがダメになったようです。

 土蔵の屋根につけてある「街灯」の電球が、昨夜遅くに切れました。 今朝、二連梯子をかけて、電球の交換をしようと思ったのですが、途中で手足がジーンと・・・

 梯子の足元を押えてもらって、ようやく上までたどり着きました。 今、ブログを書いている最中も、思い出すと、掌に汗が滲みます。 

e0021668_1738891.jpg



 この季節・・・里山がもっとも美しくみえるのではないでしょうか。 たくさんの花がいっせいに咲いています。

e0021668_17155817.jpg


*** ありすぎる日常を離れて、何もない里山のひとときへ*** 里山の宿 薪の音   
by makinooto | 2009-04-24 17:37

 4月23日(木) 連休のはじまり・・・

 先日の「金澤」、「クラビズム」に加え今日の北日本新聞「ゼロニ」でも紹介いただいた効果でしょうか。 お問い合わせとご予約の電話が急増しております。

 今日から連休の前半がはじまったみたいで、ご宿泊のお客様が続きます。 とはいっても、後半の5連休はほぼ満室ですが、前半は少し空室もあります。

 木曜や金曜に満室になるのはありがたいこと・・・インターネットで検索いただき、HPを見て予約いただけるケースが増えています。 愛知県、石川県、京都府、奈良県、そして県内のお客様も。


 駐車場のとなりの竹林に小さな「筍」が顔をだしています。

e0021668_174759.jpg


 ツツジの赤がとっても綺麗です。

e0021668_1744996.jpg


 
*** ありすぎる日常を離れて、何もない里山のひとときへ*** 里山の宿 薪の音   
by makinooto | 2009-04-24 17:03

 4月22日(水) となみチューリップフェア

 いよいよ砺波野も春本番・・・明日23日(木)から5月6日(水)まで「2009 となみチューリップフェア」が開催されます。
 今年のテーマは「チューリップ万華鏡」・・・国内最多の450品種、100万本を超えるチューリップの花壇が、まるで万華鏡をのぞいているみたいということです。

  会 場   砺波チューリップ公園(砺波市花園町)にて
  時 間   午前9時30分~17時30分まで
  入場料   大人 1000円  子供 300円  シルバー 800円

 会期中はたくさんの展示、体験、イベントなどもありますので、美しい春の散居村をお楽しみください。


e0021668_1650187.jpg



 また、4月下旬から5月上旬にかけて、夢の平スキー場のゲレンデに美しい水仙畑が・・・20万本の水仙と散居村の展望が楽しめますので、お奨めスポットです。

 宿からチューリップフェア会場までは30分。 途中には美しいチューリップの畑がたくさんあります。

 
e0021668_16513893.jpg

 

*** ありすぎる日常を離れて、何もない里山のひとときへ*** 里山の宿 薪の音   
by makinooto | 2009-04-23 16:50

 4月21日 (火) 強風です

 未明から東南の風が強いです。 4時過ぎに風の音に目覚め、玄関先の行灯、植栽鉢、テラスのイスやテーブルなどを室内に入れました。 雨が降り出せば風は止むのですが、なかなか雨が降りません・・・

 雨になったのは午後2時過ぎ。 庭のイスや小さな植木鉢は倒れ、宿の前の小川には多数の枯葉、農業用水にも枯れ木や葉っぱがいっぱいです。 

 夕方にはいつもの静けさに・・・水が張られた水田が美しい山々を映しています。

e0021668_17403857.jpg


e0021668_1741714.jpg


*** ありすぎる日常を離れて、何もない里山のひとときへ*** 里山の宿 薪の音   
by makinooto | 2009-04-21 17:41