<   2009年 07月 ( 30 )   > この月の画像一覧

 7月30日(木) 無事に終了

1泊2日の小旅行・・・金沢大学付属病院での検査が無事終了。
昨夜は麻酔による発熱がありましたが、朝からは普通の体調に戻り、退院許可が出ました。 

24時間だけの病室暮らし・・・病院内にはタリーズカフェやコンビニなどもあり、思ったより快適な環境ではありますが・・・やっぱり健康が一番です。
 
来月8月は、1年で一番忙しい月・・・ひとりひとりのお客様に里山、そして「薪の音」の心地良さを感じていただけるよう心がけたいものです。
そのためにも、スタッフ全員が心身ともに健康でなくてはいけません。
 

e0021668_11284365.jpg



e0021668_11291693.jpg


*** ありすぎる日常を離れて、何もない里山のひとときへ*** 里山の宿 薪の音   
by makinooto | 2009-07-31 11:29

 7月29日(水) 検査入院

健診で指摘を受けた「肺」の影・・・正体を見極めるため、「南砺中央病院」のドクターの紹介で、金沢大学付属病院にて気管支鏡検査をしてもらうことに。

今日と明日、1泊2日の検査入院ですが、読みたい本を持参して、ゆっくり読書するのも悪くないかもしれません。 

日頃から、病院にはあまりご縁がないほうです・・・若いときに虫垂炎で入院していらいですから、30年ぶりでしょうか。

検査の結果がでるのは、来月のはじめとのこと。 

e0021668_21202098.jpg


*** ありすぎる日常を離れて、何もない里山のひとときへ*** 里山の宿 薪の音   
by makinooto | 2009-07-30 16:06

 7月28日(火) 豪雨から1年

平成20年7月28日の集中豪雨・・・今日で丸1年が経過しました。  
未明からの豪雨は、時間雨量が100mmを超えるなど、想像を絶するものでした。

私たちの住む「野口」地区でも、人家への被害はありませんでしたが、田んぼ、道路、河川などは大きな被害を受けました。 災害の復旧工事は、おかげさまで全部終わりましたが、田んぼの一部は今年の作付けができませんでした。

先日、地区の防災訓練が実施され、危機に対する備えの大切さを再認識したところです。
今年も、中国地方、九州北部での豪雨災害のニュースが連日報道されています。

私たちの住む大切な地球・・・環境を荒廃させないような活動が必要です。

天候不順な毎日ですが、向野にある自家菜園の野菜たちは順調に育っています。

e0021668_1824518.jpg


e0021668_1824357.jpg


*** ありすぎる日常を離れて、何もない里山のひとときへ*** 里山の宿 薪の音   
by makinooto | 2009-07-28 18:26

 7月27日(月) 桜ヶ池周辺

私のお気に入りの場所・・・「桜ヶ池」は宿から車で5分くらいのところにあります。 
農業用のため池として戦後まもなく造られた池ですが、50年の月日が心地良い景観をつくりだしています。

昔は、松林の美しい山林、原野でしたが、戦前には陸軍の演習用地として国に買収され、兵隊さんが大砲、鉄砲などの演習をした歴史もあります。 戦争が終わった後は、開拓団が入られ、その後は農用地開発事業で田んぼや畑が造られたところです。

今は、東海北陸道の城端サービスエリアが隣接し、都市計画公園としての整備も進むなど、地域の憩いの場所として愛されています。

桜ヶ池の湖畔には散策道も整備され、季節の草花が潤いを与えてくれます。

e0021668_17322810.jpg



e0021668_17324493.jpg



e0021668_17325788.jpg


*** ありすぎる日常を離れて、何もない里山のひとときへ*** 里山の宿 薪の音   
by makinooto | 2009-07-28 17:33

 7月26日(日) 田んぼの稲

いまだに梅雨明け宣言もでていませんが、田んぼの稲(酒米の五百万石など)は少しづつ穂をつけはじめています。 このぶんだと、コシヒカリも8月はじめには穂をつけ始めるでしょうか。
田んぼ一面の緑が濃くなり、草丈もずいぶん大きくなりました。

例年ですと、あと1ヶ月後には稲刈りが始まるのですが、今年はどうでしょうか。
心配なのは日照時間の不足・・・曇り空ばかりで、夏の太陽が照るのはいつになるのでしょう。

e0021668_17391012.jpg


e0021668_17392713.jpg

 

*** ありすぎる日常を離れて、何もない里山のひとときへ*** 里山の宿 薪の音   
by makinooto | 2009-07-27 17:40

 7月25日(土) 虫干法会と太子伝

虫干法会の行事のひとつに「聖徳太子絵解き」があります。
これは、以前から善徳寺の研究をしていただいている、名古屋大学の阿部泰郎教授のご協力で復活したものです。
今年も期間中は1日2回、大学院生による、聖徳太子の生涯を解説する絵解きが行われています。

今日のご宿泊は、阿部先生のご紹介でご来館いただいたお客様です・・・ディナーは阿部先生もご一緒され、食事の後は、井波の「太子伝」もお楽しみいただきました。

「虫干法会」「太子伝」いずれも同時期に開催される伝統行事・・・なにかの部分で連携することができればいいのですが・・・

いつのまにか、秋海棠の蕾が膨らんでいます。

e0021668_17235096.jpg


*** ありすぎる日常を離れて、何もない里山のひとときへ*** 里山の宿 薪の音   
by makinooto | 2009-07-27 17:24

 7月24日(金) 善徳寺「虫干法会」

城端の夏の風物詩・・・城端別院「善徳寺」の虫干法会が22日から28日までの1週間開催されます。

会期中は、法話、聖徳太子絵解き、別院の法宝物の公開をはじめお茶会、俳句会、蓮如太鼓の披露、盤持大会などもあります。

加賀藩前田家伝来の法宝物など、見どころ満載の虫干法会をお楽しみください。


e0021668_2122757.jpg


玄関先のミニトマトが毎朝収穫できます。 無農薬ですので、そのままで・・・
e0021668_2124521.jpg


*** ありすぎる日常を離れて、何もない里山のひとときへ*** 里山の宿 薪の音   
by makinooto | 2009-07-25 21:04

 7月23日(木) ニッコー展示会

皆さんは「ニッコー」という会社をご存知ですか。  
「NIKKO」のほうがなじみがあるかもしれません。

ニッコー株式会社のH.Pによると・・・
1908年、旧加賀藩主である前田家や当時の有力者が、金沢で日本硬質陶器株式会社を創業したのが始まりです。
それ以来、100年にわたり食器やインテリア製品を中心に、世界中のホテルやレストランなど、プロフェッショナルにも耐えうる品質とデザインを提供してきました。


今日の午前中、白山市(昔の松任市)にある本社ショールームでの展示会に参加し、ついでに陶器の工場も見学させていただきました。
デザインから型作り、シルク印刷・・・そして粘土から製品になるまでの工程・・・すべての作業を本社工場で一貫して作られています。

また、展示会では「和と洋」をうまく組み合わせたデザインも多くあり、楽しい時間をいただきました。

e0021668_22274174.jpg


*** ありすぎる日常を離れて、何もない里山のひとときへ*** 里山の宿 薪の音   
by makinooto | 2009-07-24 22:29

 7月22日(水) 部分日食

今日は一日中「日食」の話題でした。
たまたまレストランの休業日でしたので、10時頃から自宅のウッドデッキに三脚を置きスタンバイ。

お天気があまり良くない日でしたが、雲の隙間からは三日月形の太陽が・・・
望遠機能が小さいレンズしかないので、太陽が豆粒にしか映りませんが、日食はたしかに見られました。

26年後には、北陸地方で皆既日食があるそうです。
26年後・・・81歳かあ~・・・健康で長生きしなくては・・・

e0021668_17182742.jpg
  

e0021668_17184525.jpg


e0021668_1719966.jpg


*** ありすぎる日常を離れて、何もない里山のひとときへ*** 里山の宿 薪の音   
by makinooto | 2009-07-23 17:19

 7月21日(火) ネットワークづくりへの課題

4月に新しく合併し広域化した「南砺市商工会」
今日は、商工会の観光部会・・城端地域の会議が行われました。

8つの町村が合併した「南砺市」・・・五箇山地区、城端、井波などは、これまでも観光について取組んでいますが、その他の地域には取組みがほとんどありません。  

商工会に加入する事業者には、直接的に観光客にサービスを提供している事業者と、商品の提供など間接的にかかわる事業者があるなど、観光に対する考えや取組みもさまざまです。

このような中で、合併のメリットを作り出せるような活動を展開するには、第1歩として地域中にある施設、商品、人、サービスなどの情報を共有できるようにすることが必要です。

その中から、お互いに情報を結び、商品やサービスをつなぐこと・・・こんなことから始めればいいと思います。

e0021668_1821515.jpg



e0021668_18212294.jpg


*** ありすぎる日常を離れて、何もない里山のひとときへ*** 里山の宿 薪の音   
by makinooto | 2009-07-22 18:21