<   2009年 10月 ( 22 )   > この月の画像一覧

10月29日(木) 冨有柿

里山は少しづつ秋が深まっています。
宿の周りの木々も少しづつ黄色や赤に・・・

ロビーから見える冨有柿も赤くなり、少しづつ収穫して楽しんでいます。
宿から見える東山も、頂上部から徐々に紅葉がはじまりました。

だんだん寒くなると、夜空の月の美しさや、星の輝きも増すようです。  


e0021668_12401833.jpg



e0021668_1240458.jpg


*** ありすぎる日常を離れて、何もない里山のひとときへ*** 里山の宿 薪の音   
by makinooto | 2009-10-30 12:40

10月28日(水) 向野の畑へ

久しぶりに向野の畑に行きました。
10月も末になったので、畑にある野菜も少なくなりました。
今は、大根、白菜、にんじん、キャベツ、赤カブ、カブ、ブロッコリー、丹波豆、水菜などです。
里芋やサツマイモなどは収穫して納屋にしまってあります。

明日の午後、日経「REAL」の取材が予定されており、館内や料理のほかに、野菜畑も取材されます。
自家菜園を持つ、地産地消の宿として、全国で8~10施設がご紹介いただけるようです。 


e0021668_11144120.jpg



e0021668_1115225.jpg


*** ありすぎる日常を離れて、何もない里山のひとときへ*** 里山の宿 薪の音   
by makinooto | 2009-10-30 11:15

10月27日(火) 純米酒 ほとく

「さくさく村」の吉田さんがディナータイムにご来館。 
ここで販売している純米酒「ほとく」を頂戴しました。

昔ながらの製法でつくられたお酒ということですが、商品の紹介ページによると

 玄米の表面を傷つけただけで、米そのままの栄養価を活かし、天然の乳酸菌でつくられたお酒です。
 アミノ酸や乳酸が通常の7倍以上で、極甘口、濃厚でコクと旨味のある独特な風味を持っています。
 甘口ですが、意外とあっさりとしたお酒です。  


そのままでは甘口なので、水割りやロックで楽しむのもいいかもしれません。
また、デザートワイン感覚で食後酒としても楽しめそうです。

「さくさく村」とは、おいしくて栄養価が高く、安心して食べてもらえるお米や野菜などを産直している組織で、インターネットからも注文できるようになっています。


e0021668_1121431.jpg



e0021668_1123518.jpg


*** ありすぎる日常を離れて、何もない里山のひとときへ*** 里山の宿 薪の音   
by makinooto | 2009-10-30 11:04

10月26日(月) 花梨が

レストランの庭先にある花梨の実がだいぶ黄色くなりました。
黄色くなるにしたがい、甘い独特の香りが漂います。
熟したものから順に落下しますので、集めてさらに熟成させます。

花梨の木は裏の畑にも1本ありますが、今年は実が少なく、昨年の半分以下です。
例年は花梨酒やシロップ漬けにし、食前酒やノンアルコールカクテルの原料に。
こんなに美味しそうな香りなのに、食べられないとは・・・


e0021668_16461187.jpg
 


e0021668_16462818.jpg


*** ありすぎる日常を離れて、何もない里山のひとときへ*** 里山の宿 薪の音   
by makinooto | 2009-10-27 16:46

10月25日(日) 深まる秋

早めのご出発のお客様のために、6時過ぎから朝食の準備を。
この時期になると、朝一番の気温は低くロビーに弱めの暖房をいれます。
気温は15度くらいでしょうか。

外に置いてある車のウィンドウガラスは霜で真っ白に。 
東山の木々も少しづつ色づきはじめています。

今年も木々の雪吊りなどの作業は地元のシルバー人材センターにお願いしてあります。
あまり寒くならないうちに作業いただければいいのですが。

玄関先に、アケビの木を植えました。 うまくついてくれれば、来年の秋には紫色のアケビがなる予定です。


e0021668_14272384.jpg
 


*** ありすぎる日常を離れて、何もない里山のひとときへ*** 里山の宿 薪の音   
by makinooto | 2009-10-26 14:18

10月24日(土) おかげさまで

おかげさまで体調も良く、お客様のお相手も普通どおりに・・・
走ったりするなど過激な運動さえしなければ、特に支障はありません。
食欲も普段どおりですので、体重も徐々に戻っています。
ただし、落ちたのが筋肉で、ついたのは脂肪かも・・・

これから、五箇山や白川郷の山々の紅葉がはじまります。
大きな山が丸ごと赤や黄色に染まる景色は美しいですよ。


e0021668_13563757.jpg




*** ありすぎる日常を離れて、何もない里山のひとときへ*** 里山の宿 薪の音   
by makinooto | 2009-10-26 13:56

10月23日(金) 柚子

納屋の裏にある柚子の木・・・はじめて実をつけています。
この木に実がなっている記憶は、私はもちろん両親にもありません。

なにか自然条件が変わったのでしょうか。
いまのところは十数個、青い実をつけています。
黄色く熟したら収穫して、柚子味噌にでもしてみようかな・・・


e0021668_171367.jpg


*** ありすぎる日常を離れて、何もない里山のひとときへ*** 里山の宿 薪の音   
by makinooto | 2009-10-23 17:01

10月22日(木) 秋桜・・・満開

いよいよ秋桜が満開になりました。
田んぼ2枚に咲くコスモス・・・はたして何千本あるのでしょうか。
今年は黄色の花も混じって、いつもとは違う雰囲気に。

レストランのお客様も、コスモス畑に散歩に・・・写真を映されています。
コスモスの花・・・どうぞお好きなだけ、お持ち帰りください。  


e0021668_16452277.jpg




e0021668_16454338.jpg



*** ありすぎる日常を離れて、何もない里山のひとときへ*** 里山の宿 薪の音   
by makinooto | 2009-10-23 16:46

10月21日(水) 秋の味覚

秋の里山といえば・・・やっぱり「柿」がイメージされます。
今年も季節限定の「柿」のデザート登場です。 

くりぬいた柿の中に、葛で固めた白胡麻のブラマンジェ風+柿の実をいれて出来上がり。
上品な甘さの柿と白胡麻の香ばしさがベストマッチと自画自賛!!

ランチ、ディナーどちらにも登場しておりますので、一度ご賞味を。
ほかにも、丸ごと1個のいちじくを使ったデザートもあります。


e0021668_15415994.jpg


*** ありすぎる日常を離れて、何もない里山のひとときへ*** 里山の宿 薪の音   
by makinooto | 2009-10-22 15:42

10月19日(月) 世界遺産の合掌集落

「おもてなしプラン」のお客様といっしょに秋が深まる世界遺産「相倉集落」へ。
前日の雨もあがり、爽やかな秋風が心地よい五箇山です。
ススキが風に揺れ、山々は少しづつ紅葉がはじまっています。
月曜日にもかかわらず、観光バスも数台おり、県外NOのマイカーも多いですね。

その後、白川郷に向かい、城山の展望台から荻町集落の眺めを楽しんでいただきました。
集落の中は、月曜日とは思えないほどの混雑ぶり・・・駐車スペースを探すのに苦労するほどです。


e0021668_15151963.jpg



e0021668_15155639.jpg


  

*** ありすぎる日常を離れて、何もない里山のひとときへ*** 里山の宿 薪の音   
by makinooto | 2009-10-20 15:16