<   2009年 12月 ( 27 )   > この月の画像一覧

12月31日(木) 大晦日

2009年も今日で終わりになります。
皆様にとって2009年はどんな1年でしたでしょうか。

このような経済状況の中ではありますが、たくさんのお客様を「薪の音」にお迎えすることができました。
心より御礼申し上げます。

個人的には、夏から秋にかけて、1ヶ月を超える入院生活をおくりましたが、おかげさまで順調に回復することができました。
たくさんの皆様に励ましの言葉をいただきましたこと、あらためて御礼申し上げます。

2010年が皆様にとって幸い多き年となりますように・・・



e0021668_20433885.jpg


  

*** ありすぎる日常を離れて、何もない里山のひとときへ*** 里山の宿 薪の音   
by makinooto | 2009-12-31 20:44

12月30日(水) 餅つき

毎年12月30日は「餅つき」です。
今年は、午後から二臼を搗き、お鏡餅、伸し餅、あんこ餅を。

毎朝ご飯を炊いている土間の「かまど」・・今日は蒸篭でもち米を蒸します。
蒸しあがったもち米を臼に入れて、杵でぺったん、ぺったん・・
搗きあがりの餅は、すごく熱いので、ちぎって形を整えるのが一苦労です。

昔(40年くらい前)は、親戚の餅もあわせ、15臼くらいは搗いていました。
朝から搗き始め、お昼ごろまでかかったような記憶があります。


e0021668_21363282.jpg


*** ありすぎる日常を離れて、何もない里山のひとときへ*** 里山の宿 薪の音   
by makinooto | 2009-12-30 21:00

12月27日(日) 新車購入

昨日、新しい軽四トラックが納車されました。 
これまでの車は13年間もの長い間、田んぼや畑仕事で働いてくれました。
走行距離は5万キロほどですが、あちこちに消耗が・・・

新しい軽四は、パワーステアリング、エアコンが装備。
ちょいと街まで買い物にという使い方もできそうです。


e0021668_1704844.jpg


*** ありすぎる日常を離れて、何もない里山のひとときへ*** 里山の宿 薪の音   
by makinooto | 2009-12-30 20:41

12月26日(土) 正月の準備

今日はお天気もまあまあ・・・
少し早いかと思いましたが、玄関先に「門松」を。
毎年、城端駅前の「山根のおじいちゃん」に組んでいただいております。

山根さんは80歳をこえていらっしゃいますが、5箇所くらいの施設の門松を組んでいるとのこと。
また、門松づくりの講習会の講師もされています。

e0021668_1742178.jpg


*** ありすぎる日常を離れて、何もない里山のひとときへ*** 里山の宿 薪の音   
by makinooto | 2009-12-30 17:44

12月25日(金) 越前かに

東京からお越しのお客様からのご要望・・・
「明日のお昼に、美味しい蟹を食べたいのだけど、お勧めの店はありませんか」 

ということで、以前に地元福井の友人から勧められたお店「おおとく」をご紹介しました。
三国にある宿泊もできる店で、東尋坊にも近いので観光を兼ねて訪問されてもいいところです。
2年ほど前に、この店で「越前かにのコース」を賞味させていただきましたが、質・量ともに満足でした。



e0021668_952655.jpg


*** ありすぎる日常を離れて、何もない里山のひとときへ*** 里山の宿 薪の音   
by makinooto | 2009-12-27 09:53

12月24日(木) クリスマスイブ

レストランから見える木々に青と白の電飾をつけました。
今日は「クリスマスイブ」・・・例年のことですが、平日のクリスマスイブは静かな空間。 

スタッフの皆さんは、12月22日から1月3日までの連続勤務となりますので、余裕のある日は少しだけ充電を。 みんなで、ドイツのクリスマス菓子「シュトーレン」をいただきました

明日からは、年末・年始にお迎えする70名あまりのお客様の受入れ準備をしていただきます。


e0021668_17354389.jpg



*** ありすぎる日常を離れて、何もない里山のひとときへ*** 里山の宿 薪の音   
by makinooto | 2009-12-25 17:36

12月23日(水) 年末・年始

今年も残すところ1週間あまりとなりました。
先週末は、暖冬との予想に反した大雪となりましたが、年末・年始は雪の心配はないようです。

この時期は、都会からのお客様が多いので、道路に雪が積もっていると多少心配になります。
週間天気予報でも、曇りと雨と小雪・・・
元日の朝「初日の出」は見られるのでしょうか。

年末年始の宿泊ですが、12月29日及び1月3日に1室の空室がありますが、あとは満室に。
30日には、毎年恒例の「餅つき」も予定しております。

昨日22日は冬至・・・我が家でも、息災になるよう「かぼちゃ」をいただきました。


e0021668_1716427.jpg


  

*** ありすぎる日常を離れて、何もない里山のひとときへ*** 里山の宿 薪の音   
by makinooto | 2009-12-25 17:16

12月22日(火) 今年のできごと 2

今年は梅雨明け宣言がでなかったほどの冷夏でした。
とくに7月は雨が降り続いていたような気がします。
これもエルニーニョ現象の影響だとか・・・

私たちの富山では、7月21日から8月10日までの日照時間が34時間と、平年の25%に
とどまりました。
冷夏の影響が米づくりに影響し、野口営農組合でも近年にない低収量です。



e0021668_20141080.jpg


*** ありすぎる日常を離れて、何もない里山のひとときへ*** 里山の宿 薪の音   
by makinooto | 2009-12-23 20:14

12月21日(月) REAL

日本経済新聞出版社より発行されている「NiKKei Style REAL」1月号の特集で「薪の音」を紹介いただきました。
テーマは、「究極の地産地消! 自家栽培野菜が食べられる宿」で、全国のお宿8軒のうちのひとつ。
他に紹介されているお宿は、二期倶楽部、扉温泉 明神館、能登 さんなみ、古守宿一作などです。

  REALの記事の一部を紹介しますと・・・
  
  食品のトレーサビリティが進化した昨今、野菜を自分たちで調達しようという宿が人気を呼んで
  いる。
  すでに、契約農家の野菜を使っているホテルや旅館は増えてきたが、自家菜園を保有し、新鮮な
  自家栽培野菜が食べられる宿となると、数は激減する。 今回は、そんな特別な宿をセレクト。
  自家農園の野菜は、究極の地産地消であり、本当の贅沢なのだ。


 
昔から農家であり、自家菜園の新鮮野菜を食べるのが当たり前という環境に育った私たち・・・・
その野菜を美味しく食していただき、農業・農村の大切さをお伝えしたいと考え、はじめた「宿」・・・
そんな思いが、少しづつ理解されてきていることが嬉しく思います。


e0021668_19544731.jpg


*** ありすぎる日常を離れて、何もない里山のひとときへ*** 里山の宿 薪の音   
by makinooto | 2009-12-23 19:58

12月20日(日) クリスマスプレゼント

クリスマスプランのご利用及び19日~25日にご宿泊のお客様にクリスマスのささやかなプレゼントを。
抽選で、館主おすすめのワイン、スパークリングワイン、自家製コシヒカリ、ゴディバチョコレート、食事券、ご宿泊割引券など・・・

連日の降雪で、すっかり白一色の世界になった里山です。
23日、24日、25日とも、レストランのお席に余裕があります・・・雪も一段落しましたので、「薪の音」らしい大人のクリスマスをお楽しみいただければ幸いです。


e0021668_9571979.jpg



*** ありすぎる日常を離れて、何もない里山のひとときへ*** 里山の宿 薪の音   
by makinooto | 2009-12-22 09:57