8月 6日(水) えごの木

 えごの木が実をつけています。 5月の末には白い可憐な花を咲かせていましたが、今度は可愛い実をつけています。 
 えごの木は、山ぢさとも呼ばれ、万葉集の柿本人麻呂歌集の中にも詠まれています。 
 「山ぢさの白露しげみうらぶるる心も深くわが恋止まず」・・・白く光る露の重さで、山ぢさ(一説にえごのき)がうなだれて咲いているように、私もあなたに逢いたくて、ますます深い恋心にうなだれてしまいます。 
 枝椿のお部屋の風呂から、えごの木に実がついているのが良く見えます。

*** ありすぎる日常を離れて、何もない里山のひとときへ*** 里山の宿 薪の音  

e0021668_164585.jpg

 
by makinooto | 2008-08-08 16:04
<< 8月 7日(木) 携帯電話 8月 5日(火) 水路の確保など >>