12月14日(日) 今年の出来事 1

 いよいよ2008年も残すところ2週間余りとなりました。 里山の宿「薪の音」及び、その周辺でおきた出来事を振り返ってみたいと思います。
 今年最大の出来事は、なんといっても7月28日未明からの豪雨による災害ではないでしょうか・・・私たちの住む城端町でも、床上浸水の住宅、工場、店舗がたくさんありました。 野口集落では住宅等の被害はありませんでしたが、田んぼや道路に被害がありました。
 宿から見える美しい水田にも土砂が流入し、今でもその傷跡が残っています。 

 山林の木々が土石流で流され、下流の田んぼや海に流れ込むこと・・・人的な要因による環境の変化が影響しているのではないでしょうか。 人間が住む「地球」に優しい暮らしを始めなくてはいけません。 

*** ありすぎる日常を離れて、何もない里山のひとときへ*** 里山の宿 薪の音   

 7月28日の撮影 濁流が流れ込み、川のように見える水田です
e0021668_15395155.jpg


 今日の撮影 こんなに大きな木が田んぼに残っています
e0021668_21444970.jpg

by makinooto | 2008-12-15 15:55
<< 12月15日(月) 大麦 12月13日(土) 嬉しいこと >>