<   2008年 08月 ( 29 )   > この月の画像一覧

8月 8日(金) 北京五輪

 なにかと話題多き北京オリンピックがいよいよ開会式を迎えました。 柔道、水泳、野球などメダルが期待される種目も多くあります。 普段の実力を発揮するためにも、平常心で戦ってほしいものです。
 オリンピックの目的のひとつは「世界平和」の実現のはず、民族紛争、宗教、政治に翻弄されないものでなければならないのですが・・・
 個人的には、野球に大きな興味があります。 星野監督のもとで、日本らしい野球で金メダルを獲得されることを期待します。 今年の夏・・・感動で睡眠不足になるかもしれませんね。

*** ありすぎる日常を離れて、何もない里山のひとときへ*** 里山の宿 薪の音   

e0021668_9303881.jpg

by makinooto | 2008-08-10 09:31

8月 7日(木) 携帯電話

 レストランでの携帯電話利用について、あなたはどう思われますか。 テーブルで着信音が鳴ったり、そのままお席で通話されるのは、まわりのお客様にご迷惑がかかりますので、NGなんですが、料理の写真を携帯で写されるのは、微妙な部分があります。
 レストランのお席では、原則マナーモードにしていただくことをお願いしたいと思いますが・・・
 できれば、携帯電話から解放されて、心ゆくまでお食事を楽しんでいただくことができたらいいと思うのですが。

*** ありすぎる日常を離れて、何もない里山のひとときへ*** 里山の宿 薪の音   

 レストランから見える夏の里山の風景
e0021668_174097.jpg

by makinooto | 2008-08-08 17:09

8月 6日(水) えごの木

 えごの木が実をつけています。 5月の末には白い可憐な花を咲かせていましたが、今度は可愛い実をつけています。 
 えごの木は、山ぢさとも呼ばれ、万葉集の柿本人麻呂歌集の中にも詠まれています。 
 「山ぢさの白露しげみうらぶるる心も深くわが恋止まず」・・・白く光る露の重さで、山ぢさ(一説にえごのき)がうなだれて咲いているように、私もあなたに逢いたくて、ますます深い恋心にうなだれてしまいます。 
 枝椿のお部屋の風呂から、えごの木に実がついているのが良く見えます。

*** ありすぎる日常を離れて、何もない里山のひとときへ*** 里山の宿 薪の音  

e0021668_164585.jpg

 
by makinooto | 2008-08-08 16:04

8月 5日(火) 水路の確保など

 週末は、農業用水や農道に堆積した土砂の掘り出し、運搬作業を集落総出で行いました。 稲刈りまでおおむね1ヶ月ありますので、農業用水路の確保は不可欠です。 機械作業ができないところは、スコップやツルハシと一輪車での作業となります。 

 田んぼに土砂や、丸太などが流入した田んぼは、災害復旧工事の着手を待つしかないのですが・・・この田んぼを見ると、当日の大きな雨と濁流を思い出します。 

*** ありすぎる日常を離れて、何もない里山のひとときへ*** 里山の宿 薪の音   

e0021668_16432419.jpg

by makinooto | 2008-08-06 16:43

8月 4日(月) みょうが

 駐車場からのアプローチ脇にあります自生の「茗荷」が収穫できるようになりました。 枯れたスンバの下にあるので、見つけにくいのですが、元気に芽を出しています。 茄子、ズッキーニなどとともに、お肉料理に添える野菜のひとつとして活用させていただきます。 
 茄子や胡瓜などとともに、たくさん収穫できたときは店で直売したいと思います。

*** ありすぎる日常を離れて、何もない里山のひとときへ*** 里山の宿 薪の音   

e0021668_12503049.jpg


e0021668_12504672.jpg

by makinooto | 2008-08-06 12:50

8月 3日(日) 真夏のコスモス

 宿の前に広がる畑・・・真夏の暑さにも負けず「秋桜」が咲いています。 風にそよぐ姿に秋を感じてしまいます。 もうすぐ暦の上では秋(8月7日は立秋)ですが、まだまだ空には入道雲、そして遠くで聞こえる雷の音。 一雨ごとに少しづつ涼しくなり、朝晩は過ごしやすくなりました。

*** ありすぎる日常を離れて、何もない里山のひとときへ*** 里山の宿 薪の音   

e0021668_18353338.jpg

by makinooto | 2008-08-05 18:35

8月 2日(土) じょうはな座定期公演

 清清しい初秋の風が吹き始める頃・・・ 城端は心に染みる「むぎや」の唄と踊りに酔いしれます。 (今年のむぎや祭りは、9月13日と14日に開催予定) この祭りの風情を、年間通して楽しめるのが、じょうはな座で行われている「定期公演」です。

 春の曳山祭の「庵唄」と、秋のむぎや祭の「むぎや踊り」が楽しめる定期公演は、毎月第2・4土曜日(12月~3月は月1回)に行われています。 開演時間は午後1時30分からで、町内の各種団体が出演します。 入場料は大人が1500円、椅子席でゆっくりと楽しめます。

 8月及び9月の日程は次のとおりです。

  8月 9日(土) 午後1時30分~2時30分 出演団体 西上、新町による むぎや踊り
  8月23日(土) 午後1時30分~2時30分 出演団体 出丸による むぎや踊り
  9月27日(土) 午後1時30分~2時30分 出演団体 四葉会、東下による むぎや踊り

*** ありすぎる日常を離れて、何もない里山のひとときへ*** 里山の宿 薪の音   

e0021668_20583116.jpg

by makinooto | 2008-08-03 21:04

8月 1日(金) 今日から8月

 暑くて、雨も激しかった7月が終わり、今日から8月です。 あいかわらず日中の日差しは強く暑さを感じますが、夕方から早朝にかけては、心地良い涼しさを感じるようになりました。 
 蝉の声も数種類聞こえます。 「ミーンミーン」「ニーニー」「カナカナカナ」・・・

 今月はたくさんのご宿泊予約を頂戴しております。 8割~9割は、都会からのお客様・・・ありのままの里山を体感していただき、故郷のなつかしさと大切さを感じていただければ幸いです。

*** ありすぎる日常を離れて、何もない里山のひとときへ*** 里山の宿 薪の音   

e0021668_9185838.jpg

by makinooto | 2008-08-02 09:19

7月31日(木) ボランティア活動

 先の大雨で、被災があった家屋の復旧への支援活動がなされています。 地元婦人会、日赤支部、企業などからの応援や、都市部からのボランティアも受入れされているようです。 我家からも2日間ですが支援の作業に参加させていただきました。 浸水した家具などの搬出、流入した土砂の掃除など、連日多くのボランティアが活動されています。

*** ありすぎる日常を離れて、何もない里山のひとときへ*** 里山の宿 薪の音   

e0021668_21223297.gif

by makinooto | 2008-08-01 21:22