<   2008年 12月 ( 31 )   > この月の画像一覧

12月10日(水) 居酒屋で思うこと

  ご宿泊のお客様を城端駅までお送りして、本日の私の仕事は終了。 今日の午後から明日の昼までは休業にして、久しぶりに金沢で宿泊です。 今日は、官公庁や大手企業のボーナス支給日ということで、居酒屋をはじめとする飲食店は多くの人で賑わっています。 ところで、同じ居酒屋でも人気店とそうでないお店では、予約状況が全然違うみたいです。 人気のあるお店には、順番待ちをしてでも入りたいということです・・・お客様の店への評価は、口コミ投稿やブログで点数をつけたり。 ネットで検索すると、そのお店のいろいろな情報がわかります・・・

*** ありすぎる日常を離れて、何もない里山のひとときへ*** 里山の宿 薪の音   

 館内のクリスマスツリーです
e0021668_1657131.jpg

by makinooto | 2008-12-11 16:58

12月 9日(火) BGM

 ロビーに流れるBGM・・・音量はあまり大きくしないで、さりげなく聞こえるピアノ演奏やボーカルが入った静かな曲を流すよう心がけています。 普段は「藤田恵美」の美しい声やアンドレギャニオンのピアノ曲が好きで、流れている機会が多いと思います。
 この頃は、バラード風のクリスマス曲やエンヤの曲も流しています。 BGMを止めると、あまりにも静か過ぎて、逆に落ち着かないのは私だけでしょうか・・・

*** ありすぎる日常を離れて、何もない里山のひとときへ*** 里山の宿 薪の音   

e0021668_16372299.jpg

by makinooto | 2008-12-11 16:38

12月 8日(月) 年末・年始のご予約

 いよいよ今年も残すところ20日ばかり・・・先日に降った雪も、今朝からの暖かな日差しと温度で、消えかけています。 
 年末年始のお休みを「薪の音」で過ごしたいというお客様の予約が順調に入り、12月27日(土)から1月4日(日)まで、おかげさまで満室となっております。 キャンセル待ちのお客様も、一日1組さまづつ承っておりますが、今日現在で6組のお客様がいらっしゃいます。

 何もない静かな里山で、ゆっくりとした時間を・・・私たちと価値観を共有できるお客様が多いことに、心から感謝申し上げます。 

*** ありすぎる日常を離れて、何もない里山のひとときへ*** 里山の宿 薪の音   

e0021668_17541822.jpg

by makinooto | 2008-12-09 17:55

12月 7日(日) 白くなりました

 美しい雪景色になりました。 昨夜からの雪も、朝にはあがり、青空と白い雪を被った田んぼ、東山などが美しく見えます。 駐車場へのアクセス道路を除雪しましたが、木々の枝の雪が太陽の熱で融けて、頭に落ちてくるほどですので、気温も上ってきました。 
 今日のご宿泊は、大阪からのお客様です・・・里山の美しい雪景色を堪能いただければ幸いです。 

*** ありすぎる日常を離れて、何もない里山のひとときへ*** 里山の宿 薪の音   



e0021668_18292422.jpg

by makinooto | 2008-12-07 20:28

12月 6日(土) 里にも雪が

 最近の天気予報は優秀ですね。 昨夜から冷え込みが厳しく、朝から細かい雪が舞っていましたが、午後には田んぼや畑が白くなるほど積もり始めました。
 木々の枝にかかる雪が美しい景観を創りだし、田んぼ、畑、道、屋根・・・いろんなものを包むように白一色の世界になりました。 今は小康状態ですが、明日までにはどれくらい積もるのでしょうか・・・
*** ありすぎる日常を離れて、何もない里山のひとときへ*** 里山の宿 薪の音   

e0021668_2172551.jpg

by makinooto | 2008-12-06 21:07

12月 5日(金) すんば

  昨夜からの風で、駐車場から宿へのアプローチが「すんば」でいっぱいに。 「すんば」とは、杉の枯れた枝葉のことですが、乾燥させると燃料として活躍してくれます。 すんばは油分が多いので、薪に火を点けるときに重宝します。 資源の循環というか、有効活用のひとつですが、天気のよい日に乾いたすんばを集め、袋に詰めて作業場に保管する作業など、準備も一苦労です。 

*** ありすぎる日常を離れて、何もない里山のひとときへ*** 里山の宿 薪の音   

e0021668_10204167.jpg

by makinooto | 2008-12-06 10:20

12月 4日(木) 冬支度

  爽やかな青空の下で、里山の冬支度が順調に進んでいます。 白菜や大根を大きな樽に漬けたり、あおたんと呼ばれる大きな渋柿の渋抜きをしたり・・・
 「あおたん」は大きな渋柿で、晩秋に収穫してへたに焼酎を塗り、袋につめ20日ほど置くと渋みがなくなります。  上品な甘さと歯ごたえは格別です。
 昔は、大きな樽に塩水を入れ、これに柿を漬けて作りましたが、柿が柔らかくなったりするので、今はアルコールによる脱渋を用います。

*** ありすぎる日常を離れて、何もない里山のひとときへ*** 里山の宿 薪の音  

 
e0021668_10234546.jpg

by makinooto | 2008-12-06 10:04

12月 3日(水) クリスマスプレゼント

 例年、クリスマス期間に宿泊いただきましたお客様にプレゼントをお渡ししております。 今年も、「薪の音ペア宿泊券」や「お食事券」をはじめ、ゴディバのクリスマス限定チョコやお風呂グッズ、キャンドル、特別なワインなどを用意し、お客様に抽選していただく予定です。
 クリスマス期間以外でも、「里山のクリスマスプラン」をご利用いただいたお客様にもプレゼントさせていただきますので、どうぞお楽しみに。

*** ありすぎる日常を離れて、何もない里山のひとときへ*** 里山の宿 薪の音   

e0021668_17351966.jpg

by makinooto | 2008-12-04 17:35

12月 2日(火) 人間万葉歌

 今日の読売新聞のコラムの文章が鮮烈でした・・・作詞家の「阿久悠」さんが亡くなられたときに記者が知った、阿久さんの「詩」だそうです。 

  夢は砕けて 夢と知り
  愛は破れて 愛と知り
  時は流れて 時と知り
  友は別れて 友と知り
                  人間万葉歌 阿久 悠

 素晴らしい詩です。 人のおろかさを知るとともに、いまあるものを大切にしなくては・・・そんなことを気づかせてくれます。 


*** ありすぎる日常を離れて、何もない里山のひとときへ*** 里山の宿 薪の音   

e0021668_17111231.jpg

by makinooto | 2008-12-04 17:11

12月 1日(月) 里山で楽しむ大人のクリスマス

 いよいよ今日から「師走」です。 「薪の音」の館内にも12月らしい雰囲気を・・・テーマは「里山で楽しむ大人のクリスマス」でしょうか。
 まだ、雪景色にはなっていませんが、薪の音らしさを感じていただけるように、クリスマスツリーやキャンドルなどの小物、ロビーに流れる音楽などの演出を楽しみたいと思っています。
 少しづつ、空間の演出をしていきます・・・お楽しみに。 

*** ありすぎる日常を離れて、何もない里山のひとときへ*** 里山の宿 薪の音   

e0021668_1182517.jpg

by makinooto | 2008-12-02 11:12